腸活により再び手にした健康

物理的に腸を動かしてあげる

腸活2週間で腸内環境は変わる大腸をケア

もう一度健やかに過ごしていた時と同じ身体を手に入れる / 物理的に腸を動かしてあげる / すっかり滑らかな肌質と健康が取り戻せた

腸活をする時に心がけたのは食事の仕方や内容をきっちりと見直す事はもちろんですが、睡眠や運動習慣に至るまで見直す範囲を拡大させた事です。
食事についてはすぐに食べられる物ばかりを口にしていた様子から、発酵食品や食物繊維が潤沢に含有されている物が著しく少なかった事を考慮し、以前はよく食べていたもののすっかり食べる機会が減少した納豆とヨーグルトを献立の中に入れました。
ヨーグルトと納豆は朝食の時に口にしたり、オフィスで昼食を食べる時にヨーグルトを食べるといった向き合い方をしましたし、食物繊維については海藻類を豊富に使用したサラダを作って昼食の時や夜の遅い時間に夜食として食べています。
そのように仕事をする時間が長くなるのにつれて自然と睡眠に用いる事が時間も少なくなっていましたが、睡眠の時間はもとより質が悪くなってしまう事で腸に影響が生じる事が判明したため、腸活の一貫として睡眠の質を高める事に尽力した次第です。
仕事ではパソコンとスマートフォンが欠かせないアイテムなので、横になる直前まで明るく光るディスプレイを目にしている機会が多いですが、明るい物を目にしていると眠っていても眠りが浅くなってしまうので、できるだけ明るい画面を見ないようにスケジュールを組み立て直して仕事をしています。
今までは直前まで明るい画面を見ていたからこそ、暗い寝室で横になってもなかなか寝付く事ができない事が珍しくなったものの、早い時間から明るい物を見ないように徹底している事で、寝室でベッドに横になったらすぐに眠れています。
尚且つ、途中で目が覚めてしまう事もなく仕事の量などがとても多くて気になっている事が多い平日でも、朝まで起きずに過ごし続けられていて快適です。
さらに、腸活をするには物理的に腸を動かしてあげる事も十分に良い作用があるのに加え、欠かせない事である事も把握した様子から、これまでも行っていて運動の時間をより増やしています。